混錬固化とは?

燃やさない!流さない!!埋めない!!!

安定固化処理

液状の廃塗料は『廃油』に分類されます、その処理方法は中間処理として大半は焼却を行い、残った焼殻を埋立処分します。
弊社開発の安定固化剤『ジェット-P』で廃塗料を安定固化、一滴の水分を流すことなく、乾燥固化物とした場合は、『セメント原料』として再資源化され、中間処理の焼却は不要となります。

目的とされる期待と効果

液状の『廃油』を安定固化・乾燥固化し『セメント原料』とすることで、焼却による二酸化炭素や煤煙・焼却灰などの発生を防止でき、『セメント原料』として再資源化を図ることにより環境への影響を小さくすることができます。

処理固化物のリサイクルによる有効利用

安定固化処理された廃塗料はリサイクル資源原料として、セメント工場でセメント原料として使用され、最終処分場等への埋立処分は一切しないため廃塗料はセメントという名前に生まれ変わり、産業廃棄物ではなくなります。